2016年03月06日

渡辺宙明 卆寿記念コンサートVol.2

20160305_01.jpg

昨日(3/5)、「渡辺宙明 卆寿記念コンサートVol.2」に行ってまいりました。会場は前回と同じ、渋谷区文化総合センター大和田4F さくらホール。

前回、かなりの燃え尽き感があったので、本当はVol.2以降はパスするつもりだったのですが、キカイダー、イナズマンのみならず、デンジマンの組曲まで演奏されるということが昨年12月の時点で明らかになったため、前回のコンサートについてのブログで、

「デンジ姫のテーマ」は屈指の名曲なので、いつかこの曲を生演奏で堪能してみたい。そのためにも、ぜひ「電子戦隊デンジマン」組曲を!

などと声高にリクエストした私としては、行かざるを得なくなったというようなわけです。しかし、果たしてお目当ての「デンジ姫のテーマ」は演奏されるのか?? 期待半分、不安半分で会場に赴いたのでしたが…。

結果から書きますと、大変残念ながら、あの哀感に満ちた「デンジ姫のテーマ」のメロディーが会場に流れることはありませんでした。パンフレットの解説によると、「劇場版に合わせて制作されたサントラアルバム『テーマ音楽集』に収録された音楽は割愛されている。(中略)組曲は純粋にテレビ用BGMからのみ選曲構成した」とのことで、そういうコンセプトでは、劇場版用BGMである「デンジ姫のテーマ」が選ばれるはずもありません。とは言いつつも、何とも残念でしょうがなく、コンサートのしょっぱなでそういう厳然とした事実を突きつけられてしまったためか、あとは、何となく気持ちの高揚が前回よりも控えめなまま、ラストまで突き進んでしまった感じでした。
また、前回が50人近いフルオーケストラだったのに対し、今回はサブタイトルにも「ブラスサウンドの魅力」とあるように、全体で22人のブラスオーケストラで、弦楽器はゼロ。かなりこじんまりした編成で、たしかに当時のサウンドトラックの再現ということならこれで正解なのでしょうが、前回のフルオケと比較してみると、いささか音の厚みと広がりに乏しいように感じられたのでした(これは完全に個人的な見解です)。

今回の演奏曲目は次のとおり。

宇宙刑事ギャバンより主題歌(1982)新アレンジ版

前回の「ギャバン組曲」では、主題歌サビ部分のメロディーが演奏されなかったため、これは嬉しい趣向でした。

デンジマン組曲(1980)

演奏後、成田賢氏による主題歌の歌唱あり。

キカイダー組曲(1972)
イナズマン組曲(1973)

休憩(15分)

ゴーグルファイブ組曲(1982)
ゲッターロボ號組曲(1991)

さて、演奏終了後は前回同様、「みんなで歌おう」コーナーもあったのですが、ここで何とも豪華なゲストシンガーが次々登場し、そのたび会場からは割れんばかりの拍手と歓声が沸き起こりました。以下、曲名とゲストシンガーです。

「ああ電子戦隊デンジマン」(成田賢)
「大戦隊ゴーグルファイブ」(MoJo)
「宇宙刑事ギャバン」(串田アキラ)
「ゲッターロボ號」(水木一郎)
「ハカイダーの歌」(水木一郎)
「ゴーゴーキカイダー」

20160305_02.jpg
渡辺宙明先生(中央)を囲むゲストの面々

20160305_03.jpg
左からムトーユージ、伴大介、成田賢、渡辺宙明、福田滋(指揮)、水木一郎、串田アキラ、MoJoの各氏。前回のコンサートの時は、全員仕事で大阪にいて参加できなかったとのことだが、今回は勢ぞろい!

世にも豪華な歌声喫茶のようなひとときで、まあ、みなさんよく声を張り上げて歌うこと。私の右隣にいた、ガタイのいいおっさんも、つんざくような大声で、「デンジマン」や「ゴーグルファイブ」のコーラス部分(漕げ〜漕げ〜、とか、獅子たちよー獅子たちよ、とか)まで歌っていました。おかげで、肝心のゲストシンガーの歌がほとんど聞こえないという、よく考えるとかなりもったいない事態が起きていたのですが、全員が声をそろえて同じ歌を歌う一体感、充実感が勝っていたのでしょう。私も、この豪華な歌唱の場で声を合わせられただけで、このコンサートに参加した価値は充分あったと思います。また、前回よりもステージ寄りの席を確保できたため、撮影タイムにはかなり近い場所から宙明先生のご尊顔をカメラに収めることができました(冒頭の写真などはかなり気に入っています)。

それにしても渡辺宙明先生は相変わらずお元気で素晴しい。肌の色艶もおよろしいし、前回のコンサートの時より若くなられたようにさえ見受けられました。プレトークの最後では、ムトーユージ氏の提案で、「ギルの笛の音でジロー(伴大介氏)と会場中が苦しむ→キカイダーに変身して決め技」という即興パフォーマンスをやったのですが、その時には宙明先生も、ちゃんと頭を抱えて苦しげな表情をなさるなど、茶目っ気を披露されていましたし(この時の様子だけ見ると、本気で危ない状態の人という感じでしたが…)。
これからもますますご健康で、素敵なスコアを書き続けていただきたいと願っています。

20160305_04.jpg
永遠の歌姫からもお花が届いていました
posted by taku at 20:40| 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする