2019年01月21日

さらば竜宮城

katase_enoshima01.jpg

□「90年間、ありがとう」 片瀬江ノ島駅駅舎 1月に解体開始(神奈川新聞)

昨日、上の記事をネットで見つけてビックリ。あの慣れ親しんだ竜宮城型の駅舎が、今月中に解体されてしまうとは! あわててコンデジ片手に江ノ島まで出向き、間もなく姿を消す駅舎の姿をカメラに収めてきた。

katase_enoshima02.jpg

この駅舎ができたのは1929年(昭和4年)。世界恐慌の起きた年だ。日本はすでにその前々年に金融恐慌が起きており、当時はすさまじい不景気風が吹き荒れていたはず。そんな時代によくこのような、遊び心のある駅舎が作られたものだと感心する。

katase_enoshima03.jpg

katase_enoshima04.jpg

katase_enoshima05.jpg

katase_enoshima06.jpg

竜宮城をイメージしたそうだが、もちろん実際にそれを見た者はいないので、設計者はいろいろな神社仏閣を参考にしたのだろう。

katase_enoshima07.jpg

壁に掲示されていた1971年(昭和46年)の写真。右側の建物も、駅舎を模した形状である。ちなみに1971年というのは、「仮面ライダー」の放送が始まった年で私は小学2年だった。

katase_enoshima08.jpg

1994年(平成6年)、「鉄道の日」制定を記念して選ばれた「関東の駅百選」にも名を連ねているという。

katase_enoshima09.jpg

katase_enoshima10.jpg

katase_enoshima11.jpg

katase_enoshima12.jpg

katase_enoshima13.jpg

katase_enoshima14.jpg

多少の痛みは散見されるものの、早急に建て替えが必要とは思えない。

katase_enoshima15.jpg

90年の歴史を積み上げるには、当り前のことだが90年の歳月が必要だ。1年や2年では決してできない。しかし、90年の歴史を背負った建築物を壊すのは、それこそ一瞬だ。90年という時間が、一瞬で、無に帰する。これまで多くの人たちに愛され、親しまれ、その上、現状でもまだ充分に使えるものを、目先の利得のために、躊躇なくぶち壊す。どうにも納得の行かない話である。

katase_enoshima16.jpg

katase_enoshima17.jpg

しかし、駅舎の建て替えはすでに規定路線なので、四の五の言っても始まらない。

katase_enoshima18.jpg

この張り紙や、駅係員の話によれば、1月25日(金)の初電から新しい改札口が稼動するとのことなので、それに合わせて現駅舎の解体が始まると思われる。

katase_enoshima19.jpg

左の白い建物が新しい改札口。

katase_enoshima20.jpg

katase_enoshima21.jpg

というわけで、昭和初期に誕生した竜宮城の最後の姿を見ておきたい方は、どうぞお早めに。

katase_enoshima22.jpg

昨日の江ノ島。竜宮城が破壊されることを知った竜王が怒ったのか、海は大荒れ、まっすぐ歩けないほどの強風でした。


posted by taku at 14:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする