2020年06月15日

IE11最後の日?

20200613.jpg

かなり深刻な事態。ついに、IE(Internet Explorer)11が使いものにならなくなりつつある。今年1月にwindows7がサポートを終了した時点で予想はついていたのだが、自分にとっては長年肌になじんだ親しみやすいブラウザだったので、それ以降も使い続けていたのだ。

しかし、6月1日を境にTwitterが完全に見られなくなり、昨日あたりからyoutubeもまともに再生ができなくなってきた(Instaに至っては、数ヶ月前から閲覧不可)。これでは使い物にならない。やむなく、Edge、Firefox、Operaなどを使い始めたのだが、どれも今いちフィット感がない。個人的にはIE11は、「お気に入り」や「履歴」を右端にズラズラっと表示できるのが大変使いやすく、気に入ってきたのだが…(Firefoxでも似たようなことはできるのだが、ちょっとニュアンスが違うのだ)。

アナログ的な機械であれば、導入したままの状態で壊れるまで使えるのに、どうしてPCは、OSが変わったり、ブラウザが変わったりと、めまぐるしく使用環境が変化するのだろう。50代も後半になると、新しいシステムに慣れるまで結構時間がかかるので、今年に入ってからの「激変」には正直かなり困惑している。
posted by taku at 14:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする