2008年09月12日

5年目の携帯

j_phone01.jpg

これは私が現在使っている携帯。今や絶対に手に入らないJフォンの最終モデル(クリックで拡大)。

2003年の11月に買ったもので、あと2ヵ月で丸5年使用していることになる。こういう話をすると誰もが驚くのだが、機械というのは「壊れるまで使う」というのが基本ではないだろうか。
「いや、それ以前に、バッテリーがダメになるでしょ?」
という突っ込みが入りそうだが、それが、特に問題もないのである。私はかなりのアンチ携帯派で、必要最小限にしか使用しないから、そのせいで生き永らえているのかも知れない。
ちなみにJフォンは2003年10月にボーダフォンになり、そのボーダフォンも3年後の2006年10月に現在のソフトバンクへ。まったく最近は何でも変わるのが早くてついていけない。まあ、総理大臣が1年足らずでころころ変わるような国じゃあそれも仕方ないのだろう。

j_phone02.jpg

この旧式携帯、たしかにややデザインはクラシックで機能も多くないが、ちゃんとカメラもついているし、手にはしっくりなじんで、結構気に入ってるのだ。まだまだ使うつもり…、と言いたいところだが、最近、どういうわけか、こちらからメールは送れるのに、送った相手からの返事を受信ができない、というケースが出てきた。私は何度もその人にメールを打っているのに一向に返しがないものだから、正直かなりイライラを募らせ、直接会った時にそれをやんわりと指摘したところ、「えー、送ってますよ」との答え。そこで、この不具合が発覚したのであった。その人も同じソフトバンクだったので、当初は電話番号を使ったスカイメールで送っていたのだが、それでダメなら、と通常のアドレスも教え、そのアドレスにも実験的に送ってもらったのだがやはり届かず。伝え聞くところでは、ソフトバンクは2Gの新規受付を昨年度いっぱいで終了し、3Gへ移行しつつあるから、その影響なのかも知れない(……などと知ったかぶって書いてはみるが、そもそも2Gとか3Gとかがよくわかっていない。地上波デジタル化にともない、アナログ放送が廃止されるみたいなものか)。

いくらアンチ携帯派とはいえ、最低限必要なメールのやりとりも出来ないのは不便すぎる。5年をメドに、ついに携帯の買い替えを考えるべきなのか、と悩んでいるこのごろである。
それにしても、あんまり規格の変更などはひんぱんにしないで欲しいものだ。携帯にしろテレビにしろ、「壊れるまで使う」っていう精神の人は、そこそこいると思うので…。
posted by taku at 14:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする