2015年03月13日

さらばJR黒姫駅

kurohime001.jpg
早春の黒姫山

長野と金沢を結ぶ北陸新幹線があす(14日)開業する。
これにともなって、長野以北の信越本線・長野−妙高高原間(長野、北長野、三才、豊野、牟礼、古間、黒姫、妙高高原の8駅)はJR東日本から切り離され、第3セクターのしなの鉄道がその経営を引き継ぐことになった。新名称は「北しなの線」で、私が毎年夏を過ごす山荘がある黒姫もその中に入っている。これにはさすがに一抹の淋しさを感じずにいられない。

kurohime002.jpg

北しなの線(長野・妙高高原間)路線図

黒姫駅は、長野駅と同じ1888年の開業で、実に120年以上の歴史がある。当初は柏原という駅名で、1968年に現在の黒姫に改名している。

kurohime003.jpg

ちなみにうちの山荘は、私が生まれる数年前に亡父・青江舜二郎が、「南洋のデパート王」の異名を持つ岡野繁蔵氏から購入したものである(岡野氏は戦前、インドネシアのスラバヤで「トコ・千代田」という百貨店を経営し、貿易商として大成功を収めた立志伝中の人物)。
1963年生まれの私は、その年以降毎年山荘に連れて来られていたから、柏原時代の記憶もうっすら残っている。そして駅名が変わった時、5歳の私は、「何となくかっこいい名前になったなあ」という印象を抱いたものだ。

kurohime004.jpg
黒姫(柏原)は俳人・小林一茶の生誕地としても知られる(駅から徒歩5分の小丸山公園にて)

駅名変更の少し前から、当時の国鉄は黒姫山周辺を冬はスキー場として、夏は高原や湖(野尻湖)のある快適な避暑地として、大々的に宣伝し始めた。そうした広告戦略もあり、1970〜80年代の黒姫は、上野始発の特急あさま号や白山号で、都心から乗り換えなしで到着できる、大変メジャーな北信濃の駅だったのである(80年代には新宿発着の特急もあった)。

kurohime005.jpg
夏の黒姫高原(黒姫童話館からの眺望)

kurohime006.jpg
晩秋の野尻湖。中央に見える鳥居の島が弁天島

kurohime007.jpg
雪に覆われた真冬の黒姫山

しかしそれも今は昔。1997年の長野新幹線開通とともに、特急が停車することもなくなり、黒姫駅は信越本線の一ローカル駅に「降格」となった(すでにこの時点で、ゆくゆくはJR東日本から経営分離されることは規定路線だったようである)。それからはまさに雪山を転げ落ちるような「寂れ方」で、静かな環境を好む私でさえ、最近の夏の黒姫駅周辺、野尻湖周辺の人の少なさにはため息がこぼれる。JRからの分離で、今後さらに乗降客が減っていくようなことになれば、観光地としては死活問題ではないだろうか。

なお、2008年公開の映画『凍える鏡』はドラマの主要部分をこの黒姫で撮影したのだが、その中で以下のようなやりとりが出てくる(シナリオより抜粋)。

○香澄の山荘・リビングダイニング

  由里子(冨樫真)と香澄(渡辺美佐子)が話をしている。
由里子「……長野までの新幹線は早かったんだけど、そのあとの各駅が全然来なくて」
香澄「そうよ、あの電車、一時間に一本だもん」
由里子「前はここも特急が停まってたのに」
香澄「そんなのずいぶん前の話じゃない」

このあたりのセリフは、私自身のぼやきでもある。

kurohime008.jpg
『凍える鏡』の一場面。左から田中圭、冨樫真、渡辺美佐子

明日、黒姫駅では「北しなの線」の開業記念列車の到着に合わせてイベントを予定しているという。9時55分の記念列車到着を「お出迎え」するという主旨だ。
私がその場に立ち会うことは恐らくないと思うが、今年の夏、黒姫駅に降り立った時、自分はその変化をどのように感じるのだろう。何がどう変わって、何が変わっていないか―そういうことををきちんと見届けるのも、長く生きて来た人間の務めのような気がしている。

kurohime009.jpg
古間を出て黒姫に向かう信越本線(2002年12月撮影)
posted by taku at 18:00| レトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする