2016年03月29日

時を越える大川めぐみ

om00.jpg

先日、渡辺宙明卆寿記念コンサートvol.2で「ゴーグルファイブ組曲」を聴いたら、何となく懐かしくなり、久しぶりに「ゴーグルファイブ」の動画をいくつか視聴してみた。そして再認識した事実がある。すなわち「ゴーグルピンクを演じた大川めぐみこそ、歴代戦隊中、最も普遍的な美しさを備えたヒロインであった」ということ。

om01.jpg

久しぶりで、20歳のころに買った特撮系の雑誌を引っ張り出してしまった。

om02.jpg
om03.jpg
『宇宙船別冊 スーパーギャルズ・コレクション』(1983年4月30日発行・朝日ソノラマ)

om04.jpg
『宇宙船別冊 スーパーギャルズ・コレクション'84 夢・翔・女』(1984年6月15日発行・朝日ソノラマ)

om05.jpg
『特撮ヒロイン ベストセレクション』(1985年2月25日発行・徳間書店)

美しさというのは主観的なものであり、またかなり流行に左右されるところもあるのだが、大川めぐみの整った容姿は、30年近い歳月を軽々と越えてしまう。動かぬ証拠がこれだ。

om06.jpg

現在も販売されている女性用カミソリ、フェザー「フラミンゴシリーズ」(カタログはこちら)。
パッケージを飾るのは紛れもない、あの「桃園ミキ」こと大川めぐみ。いつデザインチェンジになってもおかしくないので、この機会に気合いを入れて楽天で買い揃えてみた(さすがに店頭で買うのは恥ずかしいし、実際、ドラッグストアではほとんど見つけることができなかった)。

om07.jpg

私が初めてこの商品の存在に気付いたのは、「ゴーグルファイブ」終了から数年が過ぎた、1980年代後半だったと記憶している。スーパーの日用品売り場でたまたま目に止まり、
「お、ゴーグルピンクの人じゃないか。こんな仕事もしているのか」
と、少し意外に思ったのを覚えている。「ゴーグルファイブ」後の彼女は「カンフーチェイン」や「思春期の妻たち」になど出ており(どっちもちらっとだけ見た)、その後も女優業を続けているとばかり思っていたから、こうした仕事もこなしていたことに、少々場違いな印象を受けたのである(元々モデル出身だったことは後から知った)。

ネットの情報などでは、「フラミンゴシリーズ」のモデルは90年代の仕事とされているが、もう少し早い時期に撮影されたものではないだろうか。下に貼った1992年の「ウィスパー」CMの動画と比べても、パッケージの方がかなり幼い印象を受ける。

om08.jpg

大川めぐみの「その後」については、いろいろな情報がネットで飛び交っているようだが、どこまでが事実かわからないので、ここではこれ以上掘り下げることはしない。ただ、

小川一枝(本名)→大川一枝→大川めぐみ→小川璃瑠子→眞間一枝

と、頻繁に変わっていった芸名が、この人の平坦ではなかったであろう芸能人生を物語っているようだ(現在は平穏に暮らされているらしい)。

それにしても、今から30年近く前、この国がバブルに浮かれていたころに撮影されたであろうこのパッケージ写真が、平成28年の現在においても、まったく古臭さを感じさせず、それどころか、今なお瑞々しい美しさを纏(まと)っていることには驚きを禁じ得ない。

これほどの普遍的な美を備えた大川めぐみがどうしてブレイクしなかったかは大きな謎だが、彼女と同時代の「角川三人娘」にしても、一番正統派美少女と評判の高かったお嬢さんが、一番大衆のハートをつかむことができなかった。普遍的な美しさというのは、移り変わりの激しいポピュリズムとは本質的に相容れないものなのかも知れない。

【大川めぐみ動画集】(リンク切れの際はご容赦を)


エリエールCM


ウィスパーCM


花咲くゴーグルピンク(大川めぐみVersion)


posted by taku at 19:36| 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする