2017年05月19日

鎌倉アカデミア学生歌

いよいよ明日(5/20)から、映画『鎌倉アカデミア 青の時代』が公開されます。ご来場を心からお待ち申し上げております。

映画の公開を記念して、「鎌倉アカデミア学生歌」をyoutubeにアップロードしました。作詞は文学科教授だった吉野秀雄、作曲は「早世の天才」との誉れも高い矢代秋雄。万葉の古歌をこよなく愛した壮年歌人と、当時まだ東京音楽学校作曲科の学生だった若き才能との、異色のコラボレーションです。


鎌倉アカデミア学生歌

作詞:吉野秀雄 作曲:矢代秋雄 合唱:鎌倉市民混声合唱団 指揮:川合良一

以下に、歌詞をひらがな表記と漢字混じり表記で記しておきます。吉野秀雄の書いた原詞はすべてひらがな表記でした。

いくさ やぶれし くにつちの
おきて ことごと あたらしく
もゆる めばえに さきがけて
ここに われらは つどいけり
わかき さかりの いきのをに
たぎつ ちからを あいたのみ
しかも きびしく きたえむと
つねに われらは いそしめり
おお おお かまくら
かまくら あかでみあ

うみは みなみへ とおひらけ
こころ はるけく いざなえり
まつに かなずる こえすめば
おもい ふかめん たどきあり
ふるき みやこに よみがえる
いまぞ ひかりは さわやかに
ときの いぶきに めざめもて
まなぶ としつき さちおおし
おお おお かまくら
かまくら あかでみあ

にしに ひがしに さぐりゆく
わざも おしえも はてなけれ
ともよ たがいに ふるいたち
まこと もとめて うまざらむ
きけや いずみは すでにわき
いささ ながれの おときよし
たかき のぞみを よにひろく
あえて とげずて やむべきか
おお おお かまくら
かまくら あかでみあ


戦(いくさ)敗れし国土(くにつち)の
おきてことごと新しく
萌ゆる芽生えに先がけて
ここにわれらは集いけり
若きさかりの息のをに
たぎつ力をあいたのみ
しかも厳しくきたえむと
常にわれらはいそしめり
おお おお
鎌倉 鎌倉アカデミア

海は南へ遠(とお)展(ひら)け
心遥(はる)けく誘(いざ)なえり
松に奏(かな)ずる声澄めば
思い深めんたどきあり
古き都によみがえる
今ぞ光はさわやかに
時のいぶきにめざめもて
学ぶ年月(としつき)幸多し
おお おお
鎌倉 鎌倉アカデミア

西に東にさぐりゆく
業(わざ)も教えも果てなけれ
友よたがいにふるいたち
誠(まこと)もとめて倦(う)まざらむ
きけや泉はすでに湧き
いささ流れの音清し
高き望(のぞみ)を世にひろく
あえて遂げずて止むべきか
おお おお
鎌倉 鎌倉アカデミア
posted by taku at 13:18| 鎌倉アカデミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする